利息の歴史

お金を借りるときに付く利息、なかなか大きな負担になりますよね。利息については法律で利率の上限が定められ、社会はそれに従って動くわけですがそもそも利息という制度はなぜ存在するのでしょうか。お金を貸す側にとって、貸したお金が返ってこないと困ってしまいます。そして必ずお金が返ってくるとは限りません。

また、貸している間はそのお金を使うことはできません。よって、お金を貸すという行為は通常その対価となるようなメリットがなければ為されないのです。現在、一般的にそのメリットとなっているのが利息というわけです。人間が経済活動を行う歴史の中で利息という制度が生まれたということですね。銀行にお金を預けるという行為もお金を貸す行為の一種です。

お金の保管を依頼する、という側面もあるのでその対価として利用者は手数料を払うわけですが、銀行はお金を貸してもらう代わりに利息を支払います。お金を借りるときには利息に見合う目的があるわけですが、例えば銀行なら、その目的は借りたお金による投資、というわけです。

 

楽天銀行カードローンはスマホで電子明細や借入残高もすぐチェックできるので家族に借入を内緒にしたい人にも最適!

楽天銀行カードローンの公式サイトの先頭ページには、他社とは違う4つの利用メリットが紹介されてるので、初めて契約する人でも一目で特長を掴めるようになっています。楽天市場のユーザー登録を既にしてる人と、未登録の一般人の申込フォームは別々に開設されており、何と専業主婦専用の契約窓口も公式サイトにリンクhttp://www.fsheida.com/が張られてます。

尚、楽天銀行は有人店舗経営は一切してないので、所持してるパソコンやスマホで審査契約がワンタッチ完了できるWEB完結方式の手続きです。申込時の注意事項としては、楽天銀行の場合はカードローンの利用年齢が62歳までと制限されてるので、年金受給寸前まで融資を受けたいという人は気を付けないといけません。

又、カードローン審査が開始されると直ぐ在籍確認の電話連絡が入りますが、土日申込の時は契約希望の金額によっては月曜以降に手続きが見送られる場合もあります。兎に角早く現金を手に入れたい人は、ひとまず30万円以内の少額借入を希望しておくと、土日でも本人確認書類のみで借りられるケースもあります。

ちなみに楽天銀行の会員専用ページにログインすれば、限度枠の増枠申込のみならず借入残高、電子明細もスマホから速やかに確認できるようになっています。キャッシングカードは必ず受け取らないといけませんが、自宅への書類郵送は極力避ける事ができるので、プライバシーを守って気軽に借入体験してみたい人にも最適のカードローン会社です。